FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雨は止んだ

ぬかるむ地面は未だ不安定だけど

固まるのは待ってらんない


ぬかるんじゃいるけど

そこはただの地面


確かに見える

確かに踏める

確かに立てる


歩こう


前に進もう
スポンサーサイト

自分を守るための刃は

いつしか

誰も寄せ付けないために

誰かを傷つけるための

刃になっていた

理由を知ってても、その理由が出来た根拠って知らないことが多いよね。

どうも、ゲームは1日12時間、となりのあいつです。


えー…今はそうでもないんですが
昔は確実に1日12時間以上はしてましたw
いや、マジで。

いや、ホントにすごいときは2日寝ずにぶっ通しでやってましたからね!
んでエンディング見て売りましたからね!
まぁ…FF7クライシスコアですけど。
吸いry


…で。

まぁ

昔の昔はやっぱ怒られてましたね。
ゲームばっかしてんじゃねーよ的なアレ。

もしこのセリフを言ったことがある方
よく考えてみてほしい。



なぜ?
なぜだめなのか?


まー、勉強がーとか、将来がーとかあーだのこーだのあると思いますが。
私も言われたことありますw


まぁ言われる度に腹立つのと不安なのでいっぱいいっぱいになるんすけどね。
腹立つのは分かるとして、何で不安になるのかはちゃんと考えてください。すごく大事なことなんで。
考えてほしいんで、あまり言いませんが…

で、話を戻しますw
さてさてまぁまぁ、そう言うのをどうこうって話じゃないんです。
今は
何でゲームを止めさせるのか(やめさせたいのか)
よりも

何でゲームをするのか?

です。
本気で考えたことあります?
止めさせることしか考えたことないというのなら、正直論外なんです。
だってそれは自分の思い通りに物事を動かしたいだけだから。

そもそも何でゲームを止めさせたいほどゲームをしてるのか。


まぁ
あくまでヘビーゲーマーな私の意見です。


なぜゲームをするのか…?
なぜゲームにハマるのか…?

それは…





ゲームってね
主人公がいますよね。
んでその主人公を動かすのはプレイヤー、
つまりゲームをする人。


で、一番大事なこと。ゲームにハマる理由…


それは…


「主人公は誉められる」


ただそれだけ。
これが一番ハマる理由。


レベルが上がったら強くなる。
村人助けりゃ礼を言われる。
ボス倒しゃ王様から誉められる。

それはつまり、主人公=プレイヤーが誉められることと同じ。


そりゃハマるわ。
誉められたら嬉しいし。
またそういう世界に入りたくなるわ。



え、だってさ…





現実の世界にいたって


頑張っても頑張っても


誰も誉めてくれないもん。



少なくともゲームの世界じゃ
頑張った分だけちゃんと評価してくれる。
居場所がある。


それに比べ、何だこの現実の有り様は。


頑張っても頑張っても誉めてはくれない。
誉めるどころかやりたく無いことを強制されて、できなきゃ叱られ。
どんどん居場所を奪われて。
どんどん責められて。
感情をだすことすらも禁じられて。



ゲームをするのが現実逃避と言うのは、正直間違ってはいない。
だが、考えてほしい。
逃避したくなる現実がそこにはあるんだよ。




その現実を作ってるのって…


誰?




社会?





学校?





それとも





あなた?

楽して生きる才能

おはにちばんは、となりのあいつです。
へいよーぐっすつっつ


いやぁ
大学に入ってちょいちょい言われるようになったことなんですが

「いい意味で世渡り上手」

「楽に生きてそう。あ、何も考えてないだけか(笑)」

とかw

まぁ
あながち間違っちゃないですけど、私だって考えるときは考えてますよ!

たぶん



で、本題。
確かに否定はしません
ぶっちゃけて言うと、私は楽して生きたいんでw
ま、ここだけ聞くとただ逃げてるだけだとしか思わないですよね


人間、苦労やら悩みやらあったほうが
その分いろんな事を考えて成長すると、思います。
んで、問題解決、そこから前に進もう
そして成長して…

まぁ…確かにそう思います

ただ…

あまりにもその考え方が悪い意味で人の心にすり込まれている気もするんですよ。

あ、楽して生きるってのはなにも働かないで食べてけたらいいのになーとか何も考えずに生きたいよーとかそういうわけじゃないですw
まぁできたらしたいですけど!
できてもすぐ飽きるけど!




今日のとなりんは一体何が言いたいんだ?と、そろそろもやもやしてきたと思うので…

では!
改めてよーく考えてみてください…


楽して生きる
とは何だろうか


悩みもなく
苦労することもなく…生きること?


そうですね、今の話からするとたぶんこう思う方多いと思います。


けどさ
人間必ずなんらかのなんかにぶち当たって当然悩みもしますし、苦労もします。

以下、苦労や悩みを「沼」と表現します。



パターン1
目の前に沼があったとしよう。
たぶん一歩や二歩じゃ渡れません。
底もあるかどうかわかりません。
沼の先に何があるかもわかりません。
さぁどうしましょう。


でも沼にじゃぶじゃぶ入って向こうまで渡ったら成長できるってことですよね。
じゃあいっちょ沼行きますか!


いやぁ
目の前に得体の知れない沼、さらにはそんな沼に入るってことは…自ら苦労やら背負いに行ってるんですよね。
確実に目の前に沼が見えてるのにわざわざ行きますか。
確かに成長しますね、はいw
まぁ向こう岸に着かずに沼に飲み込まれなかったならですけど…いやぁ、お疲れ様です頑張ってください


私ですか?私はわざわざ目の前に苦労の塊、その深さもゆく先もわからない沼なんて渡りませんよw
楽して向こうにいきたいですし。
そうですね、私なら…橋でも作りましょうかね。それとも多少遠回りして沼を渡る方法考えます。
ダメなら別の方法考えます。



…で、考えて頂きたい。


果たして
目の前に沼があるのに

「うぉぉ!成長してやんぜー! I can レベルアップ!」

…と、とりあえずまっすぐ突っ込んでみてから考える。どんな苦労があるかはわからなく、向こう岸に着くかもわからない方法か



「どうやったらこの沼を回避できるんだよチクショー」

…と、目の前に何があるかわからないので苦労やら悩みやらをさけて安全に向こう岸に渡れるか考える方法か。




この2択、重要なのは
「目の前にある沼」に対して

考え無しに入って向こう岸に渡って苦労して成長するか

いかに入らないようにするか考えるのに苦労するか



これって…
私は後者のほうが頭使うと思うんですよ。
つまり

自分に苦労や悩み等がが迫ってきてることが分かっているときに、いかにしてそれを避けるか、ということ。

まず苦労悩みをある程度把握しなければならない。
そしてその苦労悩みはどういう避け方が必要なのか、その避ける方法のメリットとデメリットは。
さらにはこれは自分だけじゃなくて他の人にも安全に避けられる方法なのか。

などなど。

ほら
実は楽して生きるって
ある意味普通に苦労するよりも
ずっと考えること多いんです。





パターン1と書きましたが
これは目の前に沼があることが解っているパターンです。

次にパターン2書く予定です。
人間気づかない内に沼に入ってしまうこともやっぱあります。
そんなときには楽生主義な私はどうするか、ということを書きたいです。


それでは今回はここらへんで

欲求階段説

となりんです、こんにちは。

ちょっとメモ書きます
Twitterに書こうと思いましたが、長くなるし、更新もしばらくしてないんでこっちで


欲求階段説とはご存じか?
A.マズローによる
人間の欲求は5つの階層があります。
下の階層の欲求が満たされて、順番に上の階層の欲求が出てきますよー

みたいなやつです。

で。

その階層がこんな感じ

1自己実現
2自尊心
3集団所属と愛情
4安全
5生理的欲求

というかんじ。
最初人間は生まれたときに5から始まります。
階層の意味を説明しだすと大変なんで省きます。

んで。

まず法則として
下の階層の欲求が満たされて上の階層の欲求が生まれる
つまり
下の欲求が満たされないと上の欲求が生まれない、ということ。

それで。

ワタクシ気になりました。
一番上の欲求「自己実現」

これはですね

自分ってなんだろうか?

自分の価値って…?
みたいなアレのことなんです。

つまり

対自欲求とも言われ
自身を意味ある存在、価値ある存在として位置付けたい欲求のこと
なんです。

で、たぶん皆さんも私と同じことを思うはずですよね。


なんでこれが一番上の欲求なのかと。
ただ勘違いしないために言っときます。

一番強い欲求だから一番上ってわけじゃないですよ?

つまり
様々な欲求が満たされて
初めて
自己実現を欲求できる、ということですよ

生理的欲求
いわゆる呼吸なんかもそう。
生体維持するための欲求のことですね。

これがみたされて初めて
安全の欲求
安全な場所で安心して生きたいとおもう欲求ですね。

さらにこの2つが満たされてやっとこさ
集団所属と愛情の欲求
集団の中にいることで孤独から逃れたい欲求、愛情が欲しいと思うことが、やっとここで出てきます。

でもさらに上がありますよー?
3つが満たされて初めて自分のことを考え始めます
自尊心の欲求
んー…すいません、私の勉強不足のせいでちょっと詳しく説明できませんw
簡単に言うとたぶんですけど
自分ってすげーんだぜってのを自分で認めたい欲求…かな?
でも、自分って不幸なんだよって思うのも立派な自尊心だと私は思ってます。
いわゆる悲劇のなんとやらです。
そんな自分が好きなのかな

で!

やっとここで!

一番上の階層が出てきます!
4つ満たされてやっとです。
自己実現の欲求

みんな大好きな
自分ってダメなやつだー
とか
どーせ自分なんて価値のない人間だー
とかのアレ

ぶっちゃげそれも
信じられないでしょうが
自己実現の欲求なんですw

ちょっと柔らかい表現すると
自分の価値を探している
正であれ負であれ
自分を評価します。

ってか
自分ダメだって思うのは
自分が意味ない価値って勝手に自分で決めて
それって
価値ある自分になりたいと思うから?
理想の自分に近づきたいと思うから?

ちょと今はそれは置いときます。

ただ

私が一番言いたいのは



その欲求が
いろいろな欲求が満たされて初めて思える欲求なんだよって言いたいんです。

自分が割と満たされている証拠じゃないんでしょうか?

生理現象やら生体維持が簡単にできてて
安全で安心な場所もあり
なんらかの集団、関係、それなりの愛情も実はその中にあり
そんな中生きてる自分にどこか自尊心もあって

んで

自分ってなんなんだろう?
って考えられることができるんですね。


贅沢だなー






以上!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。