FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜怒哀楽の怒はどこに

おはようございます、となりのあいつです。

そういえば…
ここ数年、自分が怒った記憶ってのがないような気がするんです。
それは前々からわかってたことなんですけど、それが何でだろうなって。

なんとなく…なんとなくなんですけど、理由がわかったような気がするようなしないような。


その昔…
私はいつもどこでも基本怒られてきて育った。
姉と母はヒステリー、
父は突然怒鳴りだす。
一家みんな沸点が低い気もする。

そんななか思ったことがある。

あぁ、怒るってくだらない行為だなって。

で、私は怒ることはしなかった。
怒ったら負けな気がしてたから。
私が怒らないことで、周りとは違う…お前たちとは違うんだよってことを無言で伝える、些細なる抵抗。
ほんとに、無言で些細な抵抗。

この人たちはなんでこんなことでいちいち怒るんだろうなって。
しょうもない小さい人間だなって。
恥ずかしくないの?って。
でも自分は怒らないからそういう人間じゃないんだって。

自分は相手とは違うって思って優越感に浸り、
相手には自己の小ささを認識させる、
そんな小さな些細な抵抗だった。

そういう私の態度が相手からしたら腹立つんだって、それで相手の怒りがエスカレートしても、私は抵抗をやめなかった。
ここで怒ったら負けだ、と思って。
と、いうかそういう自分が大人なんだって思ってた。


だから怒らない…我慢することは出来ても、怒ることができない。

それが何で怒ることができないかって?
それはたぶん…


抑えているうちに、その成長の過程で
私は怒るという感情をなくしたんだろうなって。
だから未だに怒る人の気持ちが理解できないことがある。

勉強なんかもそうだ。
テスト勉強のために、入試のために勉強しても、
テスト、入試が終わると忘れてしまうのと同じ。
繰り返し使わないと忘れる。

逆に繰り返し使ってきた人は忘れないんだよね。




でも…なんか今はちょっと違う気がするんだ。
まぁ、正直少しは昔からの考え方の癖は残ってますけど。

今は…
人を怒ると、人を苦しめてるんだなって考え方。
もちろん自分も。

それに自分が怒られた時に、怒ったら
結局喧嘩になるわけですし。
終わらなくなるわけだから。

そこで私が怒ったら、余計に相手を不安にさせるし
何より不安にさせた自分が許せないと思うから。

だから今は
相手が怒ったら
相手を怒らせたんなら
怒らせた私にも…というか、
相手からしたら怒った原因は私なんだから
それを丁寧に聞くことを重視してる。
さらには、その人の気持ちや考え方をよく知ることができる機会というのもありますし。
自分の世界?心の視野を広げられることもできる。


そしてほんとに怒ってもいいことない気がするんです。
相手には不安と悲しみと心の傷を与えて
自分には罪悪感と後悔と不安と悲しみと心の傷と…

メリット、ないですよね。









それでもあなたは怒りますか?


相手と…大切な人の心をズタズタにして
大切なあなた自身の心すらも傷つけて





それでもあなたは怒りますか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。