FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理学を学ぶ

どうも、となりのあいつです。
春ですね。
そりゃ春ったら春ですね。
もうマジで春(ry

さて
というわけで
2年生です!大学2年生です!!
えっとですね
私は心理学科に所属するわけですが
この2年生から本格的に心理学の内容に入ります。
いわゆる専門科目。

で、ですね。

まぁ受け売りなんですが
心理学とか心に関係することを始める際に一番最初にやることって
「自分を見ること」
なんですよ。
というより
学ぶにあたって、必ず自分のトラウマだったり心の傷を見ることになるんです。
なんでかっていうと、講義や授業で扱う内容はそういったものの心理を扱うわけでして。
当然の如く、その内容を自分に当てはめてしまいます。
昔の自分とイヤでもぶち当たります。思い出すだけでも辛いようなことを
毎日毎日、思い出すことになります。
忘れたい部分、忘れた部分を泣いても泣いても思い出します。
そういった部分に向き合うことになるんですよね。

たとえば自分は虐待を受けた経験があって思い出したくもない。
だけれども、虐待の心理を学ぶ際に、資料や教科書、先生の話やら
いろんな方面からそのことについて触れてゆきます。
やっぱり・・・思い出しちゃいますよね?
ただでさえテレビで虐待のニュースやらを取り上げられただけで
こんなにも胸がいたくなるんですからね・・・

それに、そういう自分の傷をちゃんと見れてないのに
どうやって目の前にいる人の傷を癒すことができるのでしょうか。

私はよく人と接するときに、自分がもし同じ気持ちだったらどうなんだって考えます。
そういうとき自分はどうしてほしいか?
あのときの自分はどうしてほしかったか?
この人はもしかしたらこういう状態、性格だからこうではないか?などなど

特に昔の自分はどうだったか、どうしてほしかったか、はすごく重要。
思い出せないじゃ大切な人と一緒になやむことすらかないません
思い出したら辛いなんて言ってたら大切な人を余計に不安にさせる。

でも大学では
そういった自分と向き合う方法なんてそんなにありません。
自己分析や性格診断などはありますが。
あくまで自分の傷と向き合うための方法はそんなにありませんってことです。
癒す方法なんてのもそんなにありません。

なのにバシバシ準備もなしにトラウマや傷をほじくりかえされます。

正直、めちゃ辛いですよ。
それ、耐えれます?覚悟できてます?
ぶっちゃげ授業中に辛くて泣き出す子、いますよ?

心理学科が注目され始めたここ最近
心の問題を扱うことがメジャーになりつつ
もちろんそういった道に進む人が増える。
ただ、
こういうことがあるなんて、想像つかなかったと思います。
そういった側面をあまり紹介したり事前準備として取り入れてないのもありますが。

心理関係の道に進む人たちがココを見ているかわからないんですが
とりあえずそういうことがあると思うので、心の準備はしといてください。
じゃないと、自分が凄く苦しい思いをするので。



・・・と

まぁ

ちょっと今日思ったことを徒然と書いていきました。

んー、私はとりあえずはまだ大丈夫です。
とりあえずはw

なんとなくですけど、これからも大丈夫とは思います。たぶん。

ほんとになんとなくなんですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。